スポンサーサイト

-------- --:--:-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Intellij IDEA】google app engine for java と slim3 の環境構築メモ

2012-04-04 04:08:25 Wed

■google app engine for java と slim3 の環境構築メモ


表題の通りなんだけれど、Intellij IDEA 11 で
GAE/J + slim3 の環境構築をするまでのメモ。
ちょっと苦労してしまった。。。

2012/04/04 23:55:22 追記
下記の手順では不足がありました。
というよりも、Itellij IDEA ではslim3は無理そうです。。。
下記のリンクの通り、アノテーション周りで困ったことになってしまいました。
ModelMetaの生成も同様?

http://groups.google.com/group/slim3-user/browse_thread/thread/edc34ea6182516cf


2012/04/07 20:36:26 追記
ModelMetaが生成される仕組みは Pluggable Annotation Processing API です。
下記ではじめて理解できました。

http://d.hatena.ne.jp/t_yano/20111207/1323277622

簡単に試してみるにはこちら。

http://blogs.dion.ne.jp/kotemaru/archives/9539738.html

このAnnotationProcessingの設定をInttellij IDEA でするには、下記のようします。

https://docs.google.com/document/d/1UASaSSrGFJOmRPC7NCeEqabSGoNmyEs4Ir-4H1y1a6g/edit?hl=en_US&pli=1

簡単に文字にしておくと、
setting -> Compiler -> Annotation Processors
にて、
Enable annotation processing -> slect
e.g.
Processor Path -> *.jar
Annotation Processors -> Processor FQ Name -> *.ProcessorFactory
Annotation Processors -> Processor Run Options -> no value
とかですかね。

Intellij IDEA では、この AnnotationProcessor は、javaxパッケージじゃないとダメらしい。
slim3ではcom.sun.mirrorのsunパッケージを使ってる。
これがどうしてもダメらしい。
僕もこれ以上はどうにもならないと思って諦めてEclipse使うことにした。

一応。
sdk\lib\shared もライブラリに含めないと javax.servlet.http.HttpServlet がコンパイルできないので
これもライブラリに含めておくこと。
WS000296.jpg



  1. File -> New Project
    Project name <- input
    select type -> Java Module
    WS000284.jpg

  2. Ceate source directory -> src

  3. Please select the desired technologies -> Google App Engine (with Web Application)
    appengine-java-sdkは事前にDLして任意のパスに展開
    このディレクトリを指定
    e.g. D:\opt\appengine-java-sdk-1.6.3.1
    WS000285.jpg


  4. created a project
    WS000287.jpg


  5. slim3 の slim3-blank を任意のパスに展開
    以下をIntllij IDEA のプロジェクトにコピー


    • \slim3-blank\build

    • \slim3-blank\lib

    • \slim3-blank\libsrc

    • \slim3-blank\src

    • \slim3-blank\test

    • \slim3-blank\build.properties

    • \slim3-blank\build.xml



    以下をproject/webディレクトリにコピー

    • \slim3-blank\war\css

    • \slim3-blank\war\ktrwjr

    • \slim3-blank\war\WEB-INF


    WS000286.jpg


  6. webディレクトリをwarディレクトリに rename(Shift+F6)

  7. project root -> F4 or Open Module Setting

  8. Project Setting -> Facets -> Web -> Web Resouces Directory -> web を war に rename
    WS000290.jpg
    WS000291.jpg


  9. Project Setting -> Libraries -> + (New Project Library) -> Java

  10. 以下のファイルを選択

    • \proto_gaej\war\WEB-INF\lib\junit-4.7.jar

    • \proto_gaej\war\WEB-INF\lib\ktrwjr.jar

    • \proto_gaej\war\WEB-INF\lib\slim3-1.0.15.jar


    WS000294.jpg

  11. Apply (Important!!)

  12. Project Setting -> Artifacts -> Output Layout -> WEB-INF -> lib -> + (Add Copy of) -> Library Files ->
    slim3-X.X.XX
    WS000288.jpg


  13. Apply -> OK

  14. Ant Build -> + (Add) -> \IdeaProjects\proto_gaej\build.xml

  15. war/WEB-INF に classes ディレクトリを作成

  16. Ant Build -> slim3-blank -> gen-controller -> /



ざっとメモ。
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

名言集
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
Loading
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。